FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

はじめての豆本1

キルカ、という少女へ贈る豆本をつくりたくなりました。
キルカというのは、今年の冬頃お迎えする予定のSD(ドール)です。

このブログは、キルカさんが少しでも心地良く日々を送ることができるよう、キルカさんのために、わたしがさまざまな貢物をし満足を得たいと思う、どうしようもなく自分のためだけに書き留めておく、web上の記録です。


3月中に、
「豆本づくりのいろは」(赤井都/著)
という本を買いました。表紙買いです。

その後、上記の本の最初の方に書いてあった「豆本づくりに必要な道具」一式を世界堂にて買い込みました。

さあ、豆本づくり開始です。




……まず最初につまづいたのは、本の内容でした。
著作権の問題から、わたしのすきな本をそのまま豆本にするのは、個人の楽しみの範疇とは言えためらわれました。

そして、わたしは外国語が苦手です。

まず、つくってみてから自分なりのやり方を見つければよい、と大雑把な性格をしているので、「青空文庫」からグリム童話「ラプンツェル」を選んでみました。

短いおはなしなので丁度良いという判断。



次に、本文のレイアウトです。

実は上記の本「豆本づくりのいろは」には、レイアウトのつくりかたが記載されておりません。

これは、自分のつくりたい豆本はひとりひとりちがってくるため、レイアウトの一例を載せても、あまり参考にならないためだと気づきました。

慣れるまでは少し面倒な作業となりそうですが、レイアウトを把握するため、A7の紙に線を引いて、ネット検索で出てきたものを参考にしながら自分なりにページをつけてみました。(同人誌をつくったことのある方は、この辺はお手のものなのかな)



更には、レイアウトを形にするために、Photoshopでの試行錯誤が始まりました。(Photoshopの操作もまったくの初心者です)グリッド線、というものを初めて出現させたときには、もうそこでやり遂げた感が……。

そして見切り発車で文章を入力し、両面印刷可能なプリンターで試し刷りをしてみたところ、片面しかできない。(なんとなく予想してた)



先はまだまだ長そうです。

レイアウト中





スポンサーサイト

2011.04.04(Mon) | 豆本 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://khirka.blog.fc2.com/tb.php/1-ca299902
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。