FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

初めての浴衣3

なに見て笑う

初めての浴衣3-1



初めての浴衣シリーズはこれで終わりです。
こちらの記事は、「初めての浴衣1」「初めての浴衣2」の続きになります。

※以下、影のある小芝居が続きます。





漉された光が部屋を包む。

初めての浴衣3-2


金の睫毛も白肌も、まろやかに包みこんだまま幾年月。

初めての浴衣3-3


男が、やわらかなものを置いていった。

初めての浴衣3-4


ちりめん地の人形、舶来の椀、西洋鳥籠、機械式時計、遠眼鏡。

初めての浴衣3-5


珍しいものだと、男は言った。遠い遠い、母の国のものだと。



' + : * ・' *゚ . 。



日に一度、時計の螺子を巻く。

初めての浴衣3-6


巻かないと、時計は止まってしまうから。

初めての浴衣3-7


巻かないと、止まってしまうから。



         ' + : * ・' *゚ . 。



なにが見える。

初めての浴衣3-8


漉された光の澱った場所で。

初めての浴衣3-9


なにを求めた。

初めての浴衣3-10


籠の中に居た鳥は。

初めての浴衣3-11


まろんだ光が薄くなる。少しづつ、橙色の影が雑ざっていく。

初めての浴衣3-12


澱った光が死んでいくのだ。

初めての浴衣3-13


今日も明日も、死ぬのだろう。

初めての浴衣3-14


わたしの指で、巻かれた世界で。

初めての浴衣3-15


籠の中の鳥を道連れに。





+++++++++++++++


浴衣を着せてやりたいことをやれた(´////`)満足♪
以下、浴衣の見栄えについての反省会。

真正面。

初めての浴衣3-16


丈も袖も、思ったよりアラが目立たなくてよかった。
寸足らずになったりするのが怖くて、無意識に大きめに切ったり、縫い代を少なくして縫ったりしたっけ。

だから、浴衣が結構大きくなっちゃって、実はおなかまわりとかごわごわしちゃってる。袖も、左右対称にだらりと下がっていない。これは、見頃と袖をつけるときに散々苦労した挙句、左右で同じように付けられなかったせい。

あと、キルカさんがナイスバディで、ウエストと腰まわりの差を帯で隠すのが大変だった…///


斜め後ろ。

初めての浴衣3-17


袖の行方を揃えるのが、結構たいへんだった。
そんなに厚みのある生地ではないけれど、ドールに着せるのなら、もっとやわらかいはんなりしたものの方が、浴衣として似合う気がする。

お着物ならこれで良いと思うけれど。
……これ、浴衣一枚で袖や裾の行方を形づけるのが大変だったんだけれど、単衣着せて、その上に振袖着せて、って考えたらゾッとした。

着物に思い入れのある方なら、長襦袢を着せた上に、裏地のある振袖を着せたいだろうし。帯締めとか、ていうか帯だってちゃんとご自分で結ぶはず。

十二単に思い入れのあるk(略)(クラクラ)


そんなこんなで、帯。

初めての浴衣3-18


片蝶結び、というものらしい。この、片方がだらりとした感じがキルカさんっぽいので採用した。

かっちりしすぎかな…。片蝶結びはリバーシブル仕様の帯に使うものらしいから、表裏と違う生地の帯ならもっと見栄えがよかっただろう。


横。

初めての浴衣3-19


裾が自然とめくれてきたりしませんように…と念じながら縫ったおかげか、ちゃんとなってる(と自分では思う)。よかった。


襟元!

初めての浴衣3-20


いいねえいいねえ(*´д`人)
襟元の微妙な着崩れ感、がんばった甲斐があったというものだよありがとう。


抜き…!(違)※衣紋です。

初めての浴衣3-21


これもがんばった甲斐があった。キルカさんは、襟元はかっちりしないけど、衣紋は抜き過ぎない子だと思っている。


上から。

初めての浴衣3-22


艶やかな髪の流れに、大きな髪留めがよく映えた。
髪留めを作ってよかった。本当によかった。


浴衣をつくって、本当によかった。
最初から着物を縫うのは到底無理だろうと思っていたから、ハードルの低い浴衣を縫おうとは思っていたんだけれど、その、半分甘く見ていた浴衣さえ、この敷居の高さ。そして見栄えの美しさ。

自分で縫った欲目でしょうけれど、よいものが縫えました。それもこれも、着こなしてくれるキルカさんのおかげです。

ありがとう。小芝居までつけちゃって、ノリノリで演じてくれてありがとう。


ほら、この病んだ表情。

初めての浴衣3-23


なかなか役者です(笑)



スポンサーサイト

2012.12.04(Tue) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://khirka.blog.fc2.com/tb.php/48-40b261e8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。