スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

11/15、12/4、12/7 お返事

拍手、メッセージありがとうございます。
いただいたメッセージにお返事差し上げました。
追記からお読みください。(Mさま、Yさま)




11/15、12/7 ももこたさま

いつもメッセージありがとうございます!
2回も続けていただいているのに、ひとつにまとめてお返事差し上げまして、失礼致します。

ももこたさまにお褒めいただくと、なんだか親戚のお姉さんにヨシヨシと褒められたような、嬉しい上に「やったー!」みたいな心持ちになります(笑)ありがとうございます!

今回、ドール用和服を作っていらっしゃるサイト様をあちこち覗きましたが、浴衣の型紙を配布されてても、「洋裁のやり方でおこしています」といったような断り書きをされている方が多かったです。洋裁をやってらっしゃる方が多いということはなんとなくわかりますが、洋裁と和裁のやり方、考え方って違うんだなあ…ということを知りました。

ももこたさまにご指摘いただいた裾の始末、自分でブログ記事にした後、「切ればよかったんじゃ…」と気づきました(笑)
あの時は結構冷静に縫っていたつもりでしたが、こんなことも気づかないほど、頭の中がぐちゃぐちゃになっていたんですね…。
お子様の甚平を手縫い! さすがです~♪人間サイズの服を縫えるようになれれば…と、昔から密かに願っていたので、ももこたさまを見習ってがんばります!

わたしはキルカさん用のお洋服しかつくったことがないので、作品としてドレスを縫って販売する、ということが雲の上くらいにすごいことだということしかわかりません。
でも、買ってくださる方がいるということ=一番ストレートに作品が認められること、だと思うので、創作をされる方がそちらに重点を置くのは、ある意味当然になってしまいますよね。
苺ちゃん&蜜柑ちゃん、幼い子たちが揃いの着物を着ているところ、とてもかわいいと思います。想像するだけで頬がゆるみます(´ω`*)いつの日かそんな姿が見られる日を、ゆっくりとお待ちしています♪


そうそう、ドールはスタイルが良すぎて、帯の位置がずれてしまうんですよね(笑)西洋体型の女性は凹凸をタオルを巻いて無くす…なんかすごいですね…! わたしが昔、成人式で着物を着たときは、ずでーんとした体型だったので、タオルを詰める必要がありませんでした…(苦笑)

写真、お褒めくださってありがとうございます! 写真の撮り方ってむつかしいですよね。わたしなど、本当にまだまだです。今回は、和服なのと和室が少し暗かったので、影を濃くするような設定にして撮ってみました。こちらも少しづつ、精進していきたいです。

それでは、ありがとうございました!







12/4 やっちさま

いつもメッセージありがとうございます!

浴衣を縫うのは本当に骨が折れました…どれだけわたしの生活が、西洋式に慣らされているかということがわかりました。
和裁用語をなにひとつ知らず、着物の仕組みもまったくわからなかったです。いただいたDollyDollyのVol.12が無ければ、絶対に縫い上げることができなかったと思います。

でも、和服ってすごく良いものですよね! キルカさんは金髪ですが、ここはひとつ、栗色の髪のしおんさんにも…!(きらきら)

確か以前、Volksイベントで売られていた和服が売り切れてしまったことを、ブログに書かれてましたものね。やっちさまも和服に興味を持たれていたことですし、きっと将来、凛とした和のしおん姫様を拝顔できることを、ひそかに願っています。

あの小芝居、撮っていた写真を適当に並べて、適当に文章を並べてできたものでした。キルカさんの美しさと可能性があの小芝居になって、わたしはとても満足しています。(完璧な自己満足ですね…笑)
写真と文章(+音楽)のスタイルは、やっちさまはお手のものですよね! あの微笑むしおんさんの美しいこと…/// お手本にさせて頂きます♪

それでは、ありがとうございました!



スポンサーサイト

2012.12.22(Sat) | お返事 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://khirka.blog.fc2.com/tb.php/49-9a44ff3a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。