FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

はじめての豆本6

多分、本づくりをする方にとっては基本事項なのだろうけれど。
わたしにとっては初耳です。

花布(はなぎれ)とクータを作ります。




本の中身の下にあるのが花布のもと、その右側がクータです。

花布とクータ




ここまできてやっと気づいたのですが……

わたしがここに、忘備録として細々とした部分のつくり方を載せて
しまうのは、豆本のつくり方の本を書いていらっしゃる方々に失礼に
なるかもしれない。

なので、これからは適当にぼやかしてメモしていきます。

花布は、リボンかなにかを、ということでしたが、あまり布で代用
しました。中に糸を折りこみます。
クータは買ってきたきれいな紙を使用しました。
どちらもボンドでくっつけて、乾くのを待ちます。(一晩乾かしました)



紙を買いに行ったとき、きれいな紙に目移りばかりして、
紙の厚さとか表紙によさげなものとか、出来上がりにこんな工夫が
できそうとか、そんなことは全然考えられずに適当に買ってきました。

紙って単価が安いから、あまり(お財布の)傷が深くなくて良いです。
収集目的で集めてしまいそうで怖いです。


花布とクータをつけたところ




ボンドでくっつけてへらでこすります。



スポンサーサイト

2011.06.30(Thu) | 豆本 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://khirka.blog.fc2.com/tb.php/6-d779597a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。